埋没法が人気|二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】

二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】

埋没法が人気

男性医師

切開法の良さ

二重に整形する施術は美容整形の中でも代表的なもので、一重まぶたの人はもちろん奥二重の人などにも人気のある施術です。この施術には大きく分けて二つの方法があり、埋没法と切開法です。埋没法はメスを使わずにできるということで、料金的にも切開法よりも安くなることが特徴です。価格が安いため多くの人が気軽に試すことができ口コミでも埋没法を選んだという人の数が多くなっています。埋没法は医療用の糸をまぶたに埋め込む方法で、負担の少ない施術なので、受けた後の傷の腫れなども2〜3日程度と少なく早い時期から普段通りの生活を再開することができます。しかし、手術のあと2カ月ほど経過しないと二重がしっかりと定着しないので、しばらくの間は施術を受けた部位に触る時などは慎重に行うようにしましょう。口コミでは埋没法が人気ですが、埋没法にはデメリットも存在します。メスを使わないということで、定着させることが難しく、問題なく二重になっていく人もあれば、途中で一重に戻ってしまう人もいます。3〜5年経過した後には半数ほどの人がひとえに戻ってしまうというデータもあるので、一度の施術で二重が一生続くわけではないこともあります。そういった一面もあることを覚えておくようにしましょう。二重に整形する時にメスを使って目の上の皮膚を切ってから縫合することで、くっきりとした二重にすることができるのが切開法の施術方法です。この整形方法は二重がしっかりと形作られる方法なので、時間が経っても元に戻りにくいという特徴があります。元に戻しにくいという意味では、もしも二重手術が希望通りにいかなかったとしても、簡単に戻すこともできませんし、二重の幅を変更することも難しくなります。そのため切開法で施術を受ける時には、事前のカウンセリングを十分に行って後悔をしないように気をつけていくことが大切です。口コミでは施術を受けてみたら、希望していたような仕上がりにはならなかったという感想も聞かれるので、慎重すぎるほどに事前準備を進めていく必要があります。また切開法は施術の後に1週間ほどは傷跡がかなり腫れてしまうことがあります。口コミでも多くの人が抱えている悩みです。そのため、仕事などで人前に出る機会がある人は施術後のスケジュールもどのように調整するかを考えておくことが大切です。腫れなどは個人差が大きいので、予定よりもあれが長引くこともあります。予備の時間はできる限り長く準備しておくことをおすすめします。赤みや腫れは2〜4か月ほど続く傾向があるので長めに時間をとっておきましょう。

Copyright© 2018 二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】 All Rights Reserved.