医師との相互理解が重要|二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】

二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】

医師との相互理解が重要

顔に触れる女性

自分の求める形を明確に

一重瞼を整形で二重にする場合、大きく分けて埋没法、ミニ切開法、及び、全切開法の三つの方法があります。埋没法は瞼にメスを入れることなく、二重にする襞の線の部分を糸で留めるだけの非常に簡単な方法です。ミニ切開法は襞の線を1-2センチ程度だけ切開する方法で、全切開法は襞の線を全体に亘って切開する方法です。これらの三種類の方法は、患者の希望する二重瞼の形によって決まってくるだけではありません。瞼の厚みや脂肪のつき具合によっても変わってきますし、また、花粉症などでよく目をこすってしまうことがあるかどうかによっても変わってきます。ですから、全く同じような形の二重瞼にする場合でも、各々の患者の状態によって整形の方法は変わってくるのです。施術を受ける為にクリニックを選ぶ際に、周囲に経験者がいる場合には、どうしてもそういう方にアドバイスを受けるものです。また、インターネットの口コミ情報を参考にする方も多いでしょう。でも、その際には、身近な経験者や口コミ情報の発信者の方が、皆同じ形の二重を希望したわけでもないし、瞼の状態も各自違いがあるということを理解しておくことが大切です。クリニックを選ぶ際に最も大切なことは、医師とよく相談し、どのような方法で進めるのか自分で納得できる説明をしてくれる医師に、施術をお願いすることです。一緒になってしっかりと考えてくれる医師ならば、口コミ情報よりも、信頼出来るでしょう。二重の整形を受ける場合、簡単な埋没法だけではなく、全切開法でも、カンセリングを受けた当日に施術を行うことが可能です。特別に事前の申し込みをする必要はありません。また、どの方法でも術後に入院の必要はありませんから、特別な準備も必要ありません。ただし、ミニ切開法や全切開法の場合には、1-2週間程腫れが残りますので、整形を受けたことをどうしても周囲の方に気付かれたくない場合には、事前に休暇を取っておくことをお勧めします。二重の施術を受ける際に一番大切なことは、どういう瞼になりたいのか、自分なりにはっきりとしたイメージを作っておくことです。また、「幅の広い平行型の二重の施術は大変」等のコメントが、インターネットの口コミにもしあったとしても、自分の理想のイメージには妥協しないことです。二重の施術の方法は、患者の瞼の状況によっても変わってきますから、医師と相談する前に、口コミに影響されてしまってはいけません。施術を受けた後で、自分の理想のイメージと違うということで、再度施術をされる方も結構いるのです。確かに修正の出来る施術ではありますが、初めからしっかりしたイメージを作っておけば、無駄に施術を繰り返す必要がなくなります。また、自分の理想のイメージに近い二重の俳優等がいれば、そういう方の写真を用意しておくと、医師にイメージをしっかり伝えられるので非常に便利です。

Copyright© 2018 二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】 All Rights Reserved.