二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】

切開法と埋没法

カウンセリング

それぞれに良さがある

口コミで多い整形手術は、二重にする手術です。特にプチ整形と言われる埋没法は口コミでも評判です。メスで切るわけではないので、ほとんど腫れることがなく、当日にメイクすることもできます。埋没法は希望する二重のラインを決めて、まぶたを医療用の糸で埋め込みます。この時の糸は髪の毛よりも細いもので、結膜側に糸が出ることもないため角膜を傷つける心配もありません。また、ダウンタイムも短いです。毎日接着剤やシールなどで二重を作っている若い女性を中心に人気があります。埋没法は糸が切れてしまったり緩んでしまったりすると、一重に戻ってしまいます。でもこの元に戻るというのがメリットになる人は少なくありません。実際に二重にしてみたけれどイメージと違った、と言う場合にやり直しが利くのは埋没法となっています。反対にできるだけ元に戻したくない、と言う場合は切開法が適します。二重のラインが薄くなったり取れてしまったりという可能性は極めて低いです。切開法は埋没法に比べてダウンタイムが長く費用もかかりますが、埋没法のように元に戻る心配をしなくてよいというメリットは大きいです。また、何度か埋没法を受けることを想定すると、あまり費用に差はないかもしれません。二重の整形手術は、切開法と埋没法に大別できます。切開法はまぶたにメスを入れて二重のラインを作り縫合する方法、埋没法は切らずに糸で縫い止めることで二重のラインを作る方法です。そして切開法には、全切開法と部分切開法があります。全切開法はまぶたが厚い人に向いている方法で、切開時に脂肪を除去することも可能です。整形後のダウンタイムは長めですが、効果が半永久的のため、口コミで評価の高い方法となっています。一方、部分切開法は全切開法よりもメスを入れる部位が小さいので、ダウンタイムが短めなのがメリットです。この整形方法でしっかりと二重になった人の口コミでは、腫れが少なくて良かったと評価されていました。それに埋没法にも、挙筋法と瞼板法という2つの方法があります。挙筋法はまぶたの皮膚に糸を通し、上眼瞼挙筋という筋肉にまで引き上げて縫い止める方法です。これよりもっと手前に縫い止めるのが瞼板法で、施術がやり直しやすいのが特徴です。外れにくい挙筋法が口コミの評価が高く、特にまぶたの分厚い人に向いているとされています。これら4種類の施術方法は代表的なもので、クリニックによっては独自の方法を考えているところもあります。自分の希望する二重のイメージと持続期間、予算などを明確にした上で相談すると安心です。

Copyright© 2018 二重整形を成功させるポイント【口コミサイトなど参考に】 All Rights Reserved.